熊本介護事業サポートセンター|介護事業開業・許認可申請・実地指導対策・助成金・キャリア段位制度

運営:クロスフィールズ人財研究所

実地指導対策

ホーム > 実地指導対策・実地指導の種類と流れ

実地指導の種類と流れ

種 類 内 容
実地指導 集団指導 地域の介護事業所を1か所の会場に集めて半日程度講習を行う
実地指導 役所の担当者が介護事業所へ直接出向いて、介護事業所に保管されている関係書類を基にして実地指導を行う
その他
指導 
特別指導 法令等の違反や著しく適性を欠けた運営が疑われる場合、改善が長期にわたって認められない場合に重点的あるいわ継続的に行う実地指導
書面指導 書面で人員の配置状況や利用者の状況、事前チェックリストなどを提出させて、書類上で審査を行い、問題がなければ実地指導を省略もしくは延期し、問題がある事業所には実地指導にはいるものをいいます。
実地検査 ごくまれですが、会計検査院の検査を兼ねて行われる実地指導もあります。この場合は、役所の担当官数名と会計検査院の担当官数名での検査
実地指導
当日  
運営指導 高齢者虐待防止、身体抱束禁止等の観点での指導
利用者ごとの個別ケアプランに基づくサービス提供を含む一連のケアマネージメントプロセスについてヒアリングと書類記録の確認
報酬請求指導 各種加算等について、報酬基準等に基づいて必要な体制が確保されているか、個別ケアプランに基づきサービス提供されているか、他職種との協働は行われているかなど運営が適切に実施されているかヒアリングし書類記録の確認

指導監査部の行う指導検査は、社会福祉施設・事業者等に対するものと保健医療機関等に対するものとの2つに大別することができます。
また、社会福祉施設・事業者に対する指導検査は、福祉サービス第三者評価制度と連携して、実施しています。

1 社会福祉施設・事業者等に対する指導検査

(1) 指導検査の主な類型

社会福祉施設・事業者等に対する指導検査を実施方法から分類すると、主に以下のような類型に分かれます。

  • ア 実地検査:法人・施設等の所在地において行う、最も一般的な指導検査
  • イ 集団指導:事業者等を一定の場所に集めて講習会方式等で実施するもの
  • ウ 特別指導検査:法令等の違反、著しく適正を欠いた運営が疑われる場合や改善が長期びわたって認められない場合に重点的あるいは継続的に行う指導検査
  • エ 監査:介護サービスの取扱い、介護報酬の請求等に関する事項について不正または著しい不当が疑われる場合に行うもの

(2) 指導検査の流れ

指導検査の流れ

一般的な実地指導の流れ

STEP.1一ヶ月~二週間前

・実地指導通知の郵送  
・事前提出依頼書類の依頼

STEP.2一週間前

・事前提出依頼書類の提出

STEP.3当 日

・指導員2~4名で実地指導
・ヒアリング、書類点検    

STEP.4二週間~一ヶ月後

・実地指導結果の文書通知

STEP.5左記より一ヶ月以内

・改善報告書の提出 
・過誤による報酬返還

到着から開始までの一連の流れ

STEP.1

事務所の視察

STEP.2

重要事項説明書の
掲示義務    

STEP.3

個人情報に関わる
書類の保管状況 

STEP.4

衛生管理の状況

STEP.5

防災対策

STEP.6

許認可時との
変更の確認 

STEP.7

実地指導の開始

人員に関するもの タイムカードや出勤簿との突合せ
管理者、職員の兼務状況の確認
職員の資格者証などの確認
雇用契約書と就業規則の確認
許認可申請時の届け出職員の開業時点での勤務状態
設備に関するもの 防災関連
防災訓練
設備の衛生管理状況
運営に関するもの 運営規程
契約に関する書類
  • (a)重要事項説明書
  • (b)契約書
  • (c)同意書
サービス提供に関する書類
  • (a)介護計画書
  • (b)居宅サービス計画の写し
  • (c)アセスメントシート(利用者の心身状況の分かるもの)
  • (d)サービス提供記録
  • (e)モニタリング記録
  • (f)機能訓練に関する計画・記録等会議録 (ケアカンファレンス、支援会議など)
  • (g)送迎記録(運行計画、運転日誌等)
  • (h)事業所の日誌等
職員の研修に関する計画、実施記録
事故・苦情に関する書類
利用料金に関する書類
会計・経理に関する書類
介護報酬に関する書類

介護事業サポートのことならお任せ下さい

お気軽に
お問い合わせ
下さい!

クロスフィールズ人財研究所

096-277-1295

受付

9:00~18:00(土日はメールのみ)

最上部へもどります